商業輸入と個人輸入について。中国仕入れサポート、タオバオ代行の普天

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL: telephone
10:00~17:00(土日祝除く)
ホーム >> 商業輸入と個人輸入について

商業輸入と個人輸入について

個人輸入と商業輸入の基本的な違いは、関税になります。
個人輸入においては商品金額の60%に対し発生し、商業輸入では購入金額の100%に税金が発生します。
つまり10万円分の商品を輸入すると、個人輸入は6万円に対して、商業輸入は、10万円に税金がかかります。
また、輸入した商品が商用だとわかるものは、たとえ個人名義の輸入であっても商業輸入として扱われます。
衣類でサイズ違い、同じデザインでMサイズが5枚、Lが5枚という内容はあきらかに商業輸入と判断されます。
数量等には明確な基準はなく、あくまでも税関の判断になります。

個人輸入

海外の商品を個人使用を目的として、海外にある販売店や通信販売会社等から商品を購入する事を言います。
ご自身が海外旅行先でお買い物をされ日本国内に持ち込む場合も個人輸入の対象となります。

商業輸入

海外の商品を日本国内において販売する目的で、輸入することを言います。
個人で輸入しても販売目的であれば、商業輸入になります。

タオバオ代行 普天TOP | 特定商取法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 著作権について | サイトマップ