よくある質問(Q&A)について。中国仕入れサポート、タオバオ代行の普天

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL: telephone
10:00~17:00(土日祝除く)
ホーム >> Q&A【仕入れ代行、買付け代行について】

Q&A【仕入れ代行、買付け代行について】

  • 中国語がわからなくても大丈夫ですか?
  • 普天では日本人担当者、もしくは日本語が堪能な中国人の担当者が対応していきますので、言葉の問題は解決できます。ご安心ください。
  • 送料はいくらくらいでしょうか?
  • 実際の送料の内訳は中国国内販売者から普天(上海)までの中国国内送料と上海から日本(お客様)までが考えられます。中国国内は数十元(数百円程度)ですが、日本までの金額は商品の大きさ、重さ、輸出方法によって大きく変わってきます。その都度、お客様と確認の元で決定していきます。
  • 支払い口座は?
  • 日本国内の銀行口座があります。海外送金の必要はありません。
    また郵便局、ドル口座もございます。ご相談ください。
    東京三菱UFJ銀行、みずほ銀行
  • 料金振込み後の品切れに対しては?
  • 購入商品が決まりましたら、担当者が直接ショップに在庫確認を行います。
    その後に振込みをお願いしております。担当者がお客様に代わり綿密に連絡を取っていきますが、品切れの際は返金させていただきます。
  • 日本に到着し商品を確認すると不良品だったら?
  • 普天では極力ショップと確認をしながら代行購入しますが、基本的に商品の品質について普天では保証いたしかねます。ショップ(販売者)の評価等を担当者と相談の上、購入されることをお勧めします。
  • 仕入れ代行はネットショップ等からの代行購入と理解できるのですが、買付け代行とは?
  • 既存商品(ネットに出品されている、流通されている商品)以外の商品についてもメーカー等お調べし購入の交渉を行っていきます。またOEM等ご希望の企業さまは担当者にご相談ください。
  • 関税に関してよく判らないのですが?
  • 申告する商品金額が60ドル以上の場合、もしくは重量15kg以上の商品を発送する場合は関税がかかります。金額は最終的に中国からの輸出時にならないと判りません。また関税に関してはお客様のご負担になります。
  • 日本に到着後、不良品が見つかったら?
  • 普天ではショップより商品到着後、簡易検品を行います。(数量、外観目視)
    しかし入電検査が必要な商品に関しては、検査対象外となります。あくまで代行購入の範囲であるため、専門的な知識の必要な検品は致しかねますのでご了解ください。
  • 偽物(コピー商品)だった場合は?
  • お客様の指定の段階でアドバイスはさせていただきますが、中には見抜けないものもございます。国際発送時に税関に没収の可能性もありますので、ご注意ください。またその際は普天では対応致しかねますのでお了解ください。なお商品代金、手数料、送料の返還はできません。
    ショップへ偽物を理由に返品も出来ないと考えてください。
  • 領収書はもらえるの?
  • 中国のネットショップでは一般的に領収書は発行してもらえません。普天より商品の納入書、代行内容を記載したものでよければ発行します。ご注文時に併せてご請求下さい。
  • 手数料はどの金額に対して発生するの?
  • 商品代金の合計金額により算出します。金額によって変わってきますが、日本への発送前の段階でしたら違うショップからの買い物も併せて計算しますので、極力同時に発送したほうが、発送料金、手数料共にお得になる可能性があります。発送前の商品の管理は普天の倉庫にて無料保管(一回目の商品到着日より最長14日)しますのでご利用ください。
  • 中国元のレートは?
  • 為替相場ですので、多少変化します。現在は1元=22日本円で計算させていただきます。
  • 大量商品の購入、日本輸入はできるの?
  • 販売目的のネットショップ経営者さまや、企業での購入のように大量、大型注文にも対応しております。特に差が発生するのは日本までの国際送料や通関対応になります。コンテナで発送が必要な場合、20フィートか40フィートを決定し料金を算定します。また混載希望の場合は別途ご相談ください。
  • 大量商品、大型商品の運送料金の算定方法は?
  • 商品に関する送料は中国国内運送料、中国側の税関と海上運賃、日本側の税関と通関料金が考えられます。 中国国内運送料には、トラックパッキング料、書類取扱手数料、BL発行手数料、商品運搬人件費、内地での運送費、等があります。海上運賃とは中国から日本に発送するときの船会社に渡す海上運賃です。
    日本税関と通関料金には港使用料金、倉庫使用料金、保管作業料金、取扱書類手数料、関税、通関検査料、通関手数料、コンテナ運送料、日本内地送料等20種以上の項目を通じて費用代金が発生します。通常こういった運送料を請求するときにはCBMつき幾らとの計算方で費用請求になります。
    ただし、時期により運送料が変化する場合がございますので、商品を発送する段階で再確認して詳細なお見積もりをさせていただきます。 また弊社契約の通関業者をご紹介させていただきます。
    CBMの計算方式とは?
    横×縦×高=CBMです。
    例えば:
    横50cm、縦50cm、高50cmの場合は 0.5×0.5×0.5=0.125CBMです。
    (CBMの計算は商品のみのCBMではなく、普通は商品を入れたダンボール箱のサイズで計算して運賃を計算します。)
  • 他にかかる可能性のある料金はありますか?
  • 日本に着いた段階で通関検査(抽選)になる可能性はあります。その場合、一般的に検査費用、代引き手数料、荷物取扱料、消費税などが発生する場合があります。これらは普天に支払うものではなく、通関に支払うものになり、お客様でご負担するものになります。
タオバオ代行 普天TOP | 特定商取法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 著作権について | サイトマップ