真贋コピー商品について。アリババに関する基本項目はこれで完璧!!

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL: telephone
10:00~17:00(土日祝除く)
ホーム >> 真贋コピー商品について

真贋コピー商品について

アリババはタオバオと違い、基本的には法人の出店ですので、コピーは無いことになっています。しかし明らかなコピーも存在します。
デザインなどの意匠を国際ブランドに真似て製作している会社、工場もありますので、買い手側で判断するしかありません。
店、会社によっては、サンプル購入が可能なこともありますので、まずは試しにサンプルを仕入れて確認する必要があります。
当然、コピーを理由に返品、交換ができませんし、明らかな模造品となりますと、通関で没収ということも考えられます。
服飾関係はコピー等の真贋判定は難しいですし、中国のオリジナルのケースが多いのですが、
商標などのマークが入っている場合はそれだけで問題ですので、ご注意ください。
※中国企業の商標であれば、概ね問題有りません。

iPadやiPhone など、アップル社の関連商品も多くございます。
普通のカバー等であれば、基本的には問題有りませんが、リンゴのマークが入っていますと輸入出来ませんし、
日本で販売できませんので、ご注意ください。

真贋コピー商品について

自動車メーカーの公認ではないものは、避けてください。
仮に正式に公認されたものであっても、日本での販売権利が無いものは、営利目的で販売できません。

国際ブランドについては、日本の通関は厳しくチェックをしています。
真贋の疑いのある商品については、メーカーから輸入許可の証明の提出を求められますし、
アリババで有名な国際ブランドの販売はあり得ませんので、許可は出ないとお考えください。
※普天では真贋の怪しい、判断の出来ない商品については、お受けできません。

タオバオ代行 普天TOP | 特定商取法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 著作権について | サイトマップ