タオバオについてのページです。タオバオに関する基本項目はこれで完璧!!

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL: telephone
10:00~17:00(土日祝除く)
ホーム >> タオバオとは

タオバオとは

2003年に設立された中国のオンラインショッピングのWebサイトで、現在の中国国内に占める利用者数、売上、シュアはNo.1のサイトです。ユーザー数は1億7000万人、売上は2083億人民元にも及びます。(2009年)

アジアにおいてもタオバオは、No.1になっており、その勢いは数年後には世界一になる程の急成長を遂げています。

"淘宝(Taobao)"の意味は、 "見つからない宝物がない、売れない宝物ない"という意味が込められています。そのため物凄い品揃えになっています。

サムスン、ハイアールなどの有名企業が出店している中、日系企業では、ユニクロが2009年4月16日に同サイトにオンライン店舗を開業し、「淘宝網」の発表によると、ユニクロ電子店開業からの11日間で、取引件数は計3,000件近く、売上金額は計30万元以上となり、ユニクロ中国すべての実店舗の同期実績合計を超える集客力をみせているとのことです。

同社の発表によると、2009年6月30日時点で、ユーザー数は1億4500万人。 これは、中国インターネット情報センター統計発表の中国国内のインターネット利用者数(3億3800万人)のうち、約42.9%となる。

2009年上半期の取引総額は809億元。 取り扱い商品の売上高ランキングでは、トップ10は日用雑貨、ファッション、携帯電話、化粧品、運動用品、アクセサリー、出版物、ノートパソコン、低価格家電製品、デジタルカメラ・ビデオカメラのランキングとのことです。

2008年の取引総額は前年比2.31倍の999億6000万元。2009年上半期の取引総額は、前年同期比87.7%増で、金融危機にも関わらず驚異的な伸び率を維持した。 特に、B2C業務での成長が顕著で、2009年上半期のB2C売上高は2008年通年の売上高の3倍となっています。

タオバオ代行 普天TOP | 特定商取法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 著作権について | サイトマップ