タオバオの真贋・コピー商品。タオバオに関する基本項目はこれで完璧!!

お気軽にお問い合わせ下さい。
TEL: telephone
10:00~17:00(土日祝除く)
ホーム >> 真贋・コピー商品について

真贋・コピー商品について

タオバオには数多くの偽物商品、コピー商品が出回っています。

もちろんコピー商品の輸入は、日本国内においては法律で禁止されていますので、購入することも出来ませんが、間違って購入してしまわないように注意が必要となります。

ではどこで見分けるのか?

基本となるのは、商品の価格です。

特に国際ブランド商品は、世界中のどこで購入しても為替による差はあるにせよ、ほぼ同じような価格になります。

つまり明らかに安い商品は全て偽物、コピーと思った方が、良いと思います。

グッチのバッグが100元だとしたら、どうでしょうか?

シャネルのコートが150元だったら?

この値段では、中古でも正規品は買えません。

これらすべて“山寨(ニセモノ)”“跟单(コピー)”になります。

ナイキの靴下が150元なら?バーバリーのハンカチが100元なら?

微妙な価格になりますが、警戒が必要です。

仮にタオバオ商城であっても、注意が必要です。

商品名や商品の写真ではどうでしょうか?

タオバオでの商品名はいくらでも変えられますし、写真もどこも使い回しですので、写真からの判断はまず不可能になります。

アリワンワン(チャット)で販売店に接触し、真贋を聞くと教えてくれる店もたまにあります。しかし悪意をもってコピーを売っている店もあれば、本物と信じてコピーを売っている店も有りますので、最終的には商品を手にとってみませんと判らないというのが実情です。

販売店の住所は?

中国の偽物工場のメッカと言えば、広州、シンセン方面になります。偽物商品のほとんどは、この地域で作られていますので、このあたりの販売店は仕入れやすいのでしょう、たくさん出品されています。

偽物を販売している販売主に聞いたら、最近のコピー商品は中国人よりも外国人のほうに人気があるそうです。

日本においては犯罪になりますので、くれぐれも購入しないようにしてください。

日本では『本物かどうか?』を意識して商品を購入することはまずないと思います。

しかし中国ではありえます。では中国人はどのような感覚で、このコピー商品を判断し、どう感じているのか?

やはり『価格』です。

『相場より安い商品なら偽物に決まってる。』、『本物は専門店で買うもの』

『安いものなのだから壊れて当たりまえ』

こんな感じのようです。

タオバオ代行 普天TOP | 特定商取法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 著作権について | サイトマップ